著書・雑誌等

風水開運家づくり21(新版)

風水開運家づくり21(新版)

2005年4月新版

一級建築士 今井雅晴著 発行:(株)広報社
四六版160頁 定価1、500円(税別)

私(今井)が、My Home(群馬住宅情報誌)で1年間発表した連載を1章に入れ、さらに2章、3章を加えて構成した開運風水家づくり入門書です。
初版:2002年2月/新刊:2005年4月(絶版)

詳細解説

はしがき

家づくりとは? 皆さん、真剣に考えたことはありますか? 「家は人を創る」とか「幸福を生む家」といわれていますが、 実際はどうでしょう。永年の夢であった家が完成し、引越し後、交通事故に会ったり、病気になったり、子供が非行に走ったり、夫婦が離婚したりする話を耳にすることも少なくありません。これから家族仲良く楽しく過ごそうと思って造ったはずの家づくりが、家をつくって不幸になるという事実を目にします。

近年出版された本で、「子供をゆがませる間取り」、「家族をする家」、「病は家から」、「家をつくって子を失う」等の本を見ても、事実何かがあるようです。 反面、家づくりをした結果、仕事が順調になったり、独身の娘さん、息子さんが結婚したり、何年間も子供に恵まれなかった夫婦に子宝が授かったりすることもあります。

建築関係者の方には、この現実を目の前で体験された方も多 いのではないかと思います。 私は、建築設計の仕事を自営して2000年で20年になりますが、 私自身、同じ様な経験を何ども味わいました。そして、施主の必要に迫られて、家相・方位を学びました。他の占術を入れると、今年で20年にもなります。風水は本格的に学んで、 今年で10年になりました。そして、実例を研究している中で、 運気や方位の宇宙法則を知り、その重要性を実感したのです。

「家づくりとは、人づくり」なのです。 その間、縁とは不思議なもので、積水ハウス主催の風水相談 会のアドバイサーとして招かれ、30回以上続いています。 また、地元ラジオ高崎で「風水しようよ」という番組を約2年間担当し、全30回毎回風水について熱く語ってきました。 また、各種の機関から風水というテーマで、セミナーの講師として招かれました。この間、多くの人との交流ができ、今となっては、私自身、建築設計という仕事を通して、風水に出会った縁に感謝している次第です。

今回、ご縁がありまして、群馬建築情報誌「マイホーム」に 「風水開運家づくり21」のタイトルで、全13回のシリーズを続けることができました。本の性格上、バックナンバーを希望される方にはご迷惑をおかけしました。そこで、発行元である広報社様のご支援もあり、シリーズの掲載内容の一部を補筆し、他の章を加え、1冊の本にまとめることにしました。

新世紀を迎えるにあたって、世の中は大変化しています。 この現実も風水理論で分析すると、ある程度理解できます。 今回の出版にあたり、私が学んできた中国4500年の歴史ある風水の知恵を、混沌としている現代に少しでも活性化できることを願って、風水メッセージを贈りたいと思います。

第一章では、群馬建築情報誌「マイホーム」の誌上で掲載した「風水開運家づくり21」の内容の一部に加筆しました。 第二章では、私が家づくりで使っている当事務所の風水診断シートを公開し、風水家づくりの実際例を解説しました。 第三章では、私が今まで建築設計を通して学んだ、中国占術の中から、誰でも活用できる開運行動指針を公開しました。

混沌とした現代、毎日の行動指針として、仕事や旅行等に座右においてご活用ください。行動の結果=家づくりなのです。私の愛する家族そして友人にこの書を贈ります。

目次

第1章(天の巻) 風水開運家づくり

*第1回 運気と風水 *第2回 土地選び  *第3回 坐山と立向  *第4回 風水とは?/閑話休題  *第5回 家相と風水  *第6回 間取りと家相  *第7回 気と風水  *第8回 風水アイテム/三種の神器  *第9回 インテリア風水  *第10回 ガーデニング風水  *第11回 健康住宅と風水  *第12回 風土と風水/暦の世界  *第13回 風水思想の知恵 

第2章(地の巻) 実例風水家づくり

*風水開運家づくりとは  *九星早見表  *五行図/相性・相剋表  *九星年盤  *運気・方位シート  *風水/九宮・年盤表  *気学/九宮・月盤表  *九星の象意・運勢・性格・財運  *九星飛宮図  *九星の運気  *方位盤/八方位の象意  *六大凶殺方位とは *家相盤/家相八方位の象意  *家相二十四山方位の意味  *方位・家相の原理  *風水地盤の解説  *風水地盤  *風水家づくり/実際例  *風水家づくり/相談会

第3章(人の巻) 開運九星行動指針

*開運九星行動指針とは  *マンダラ九星占術  *マンダラ九星盤  *マンダラ風水占術/下元七運  *マンダラ風水占術/下元八運  *九星の運気と方位の見方  *開運九星行動指針/一白~九紫中宮・運気と方位 *マンダラ九星紫白法  *デジタル九星占術  *デジタル九星占法

終 章 付録/開運九星支暦
あとがき/参考文献 プロフィール

あとがき/今井雅晴

いかがでしたか? 読了後、皆様の中で、今まで巷でブーム になっている風水とは何処か違うなと思われた方も多いと思 います。風水の世界も深いのです。今回はできる限り、私が 学んだ我が国の気学と中国正統派風水について理論と実例を紹介しました。

そして、巻末では、私が20年間研究してきた 東洋易占学のエッセンスを、今回この本に出会った縁ある読者の皆様に公開しました。行動指針として、ご活用下さい。

さて、第2章の中で、今回積水ハウス様のご協力もあり、風水相談会での実例も掲載することができました。また、御社のカタログから、2点を第1章で紹介・掲載しました。ここに感謝し、お礼を述べさせていただきます。

なお、はしがきの中でも紹介しましたが、地元ラジオ高崎での番組「風水しようよ」で2年間、全30回、毎回風水について熱く語ってきた約200頁の原稿が手元にあります。風水開運シリーズ第2弾として、補筆・加筆して1冊の本に残したいと思っています。風水と人生についての実践書です。

また、今回の出版を記念して、各種の機関にこの本を進呈させていただきました。「家づくりとは、人づくり」ということで、毎日の行動の積み重ねが、やがて家をつくり、人をつくることを共感していただければ幸いです。

そして、本書が人づくり営業セミナー教材に使われることを願っています。 混沌としている現代、建築という世界を通して、風水メッセージをお贈りしました。

広報社様、そして担当の佐藤隆之様  ありがとうございました。

ページの先頭へ