今井雅晴推薦図書

鐘福堂版 通書 2020年版

20200414

鐘福堂/山道帰一

単行本: 560ページ
出版社: 太玄社

詳細解説

【鍾福堂版】通書 2020年版

 おそらく、いや事実として日本で最も発行が遅れた2020年度版の年度もの。一年365日の暦となる「通書」をやっと上梓して世に出すことができました。

 この「通書作成」プロジェクトは、ここ三年くらい取り組んできたもので、毎年の発刊そなえて、プログラムから作成が始まり、昨年の末までには出したかったのですが、細かいチェックも多く、この時期にずれ込んでしまいました。

 2021年度版からは日本で発行されている年度ものの発売時期である8~9月には発行していく予定です。スタートとなる2020年度版だけ遅れて発刊しますが、内容は盛り沢山でオリジナルとなる沢山のアイディアを盛り込みつつ、見やすさ読みやすさを大事にしつつも、通書の古き良き伝統が損なわれない温故知新を心がけた本邦初公開の「通書」となります! 

【鍾福堂版】通書 2020年版 4月5日に発売!

 さてさて、そもそも「通書」とは、擇日(たくじつ)と呼ばれる「日選び」による時間と方位の集大成であり、加えて、
・各時期、各種方位の吉凶(風水と関係してきます)
・日常生活と時間をテーマとする日々の過ごし方
・「用事」とよばれるイベントに適切な日を選ぶ
これらの知識・情報を収載した総合生活百科です。

はじめに

「日を択(えら)ぶ」ことを「択日」といいます。「択」は「擇」の略字です。「択日」という表記では、この「日を選ぶ」ことの重みが伝わってこないので私は好んで、「擇日」と表記しています。「擇」の本来の意味は、「よいものを選び取ること」です(大漢和辞典)。
 日を選ぶのに際して、「よいもの」とは何でしょうか?
 多くの人は、「吉日(きちじつ)」を挙げることでしょう。
 それでは、この「吉日」とは何でしょうか?

 一般的には、「めでたい日。運のいい日。縁起のよい日。物事をするのに、日取りのよい日。」などとされていますがふとここで疑問に思うことがあります。

 運のいい日とか、縁起のよい日とか、そもそも何なのか?
 そもそも、どうやって決まるのか?

 というのも、多くの人がこのような質問に答えられなくても、慶事(結婚や出産などの喜びごと)の手紙や文章の中で、この「吉日」という言葉を日常で使っているからです。しかし、縁起が良い日、またそのような日がどのように定められているのかを多くの人が知りません。

 ここで文化が大きく関係してきます。日本文化の中で、縁起のよい日、つまり「吉日」として慶事の手紙にしたためたりされるのは、「大安」「一粒万倍日」などが有力です。これは日本でのみ適用される「吉日」です。

 しかし、私たちは縁起の良い日なるものを考えるのに、果たしてその日は本当に吉日なのだろうかと、もっと縁起について、ついつい気にしてしまうのが人の心理であり、探求心ではないでしょうか。

 縁起が良い日がどのように決定されるかを具体的に答えるのが「日を択ぶ」ことである擇たくじつ日学です。そして、擇日学によって割り出される日々の縁起を誰もが手軽に読める便利帳にしたのが「通書」なのです。

 本書では、中国で研究され毎年刊行されてきた一年365日の「日選び」の縁起について説明する「通書(つうしょ)」の世界を皆さんに伝えたいと思います。これは日本初となる日本語版「通書」となります。

ページの先頭へ